臘扇忌(ろうせんき)清澤満之師ご命日記念法座

幕末の文久3(1863)年に名古屋の下級武士徳永家の長男として生まれ、近代化を進める明治日本において、「私にとって念仏とは何か」「救われるとはどういうことか」との究極的問いを決してごまかさず、明治36(1903)年6月6日に満40歳に満たぬ「実験」のご生涯を果たされた先達が清澤満之先生です。先生の謦咳に触れた「浩々洞三羽烏(こうこうどうさんばがらす)」であった暁烏敏先生・佐々木月樵先生・多田鼎先生、そして曽我量深先生や藤原鉄乘先生など、多くの門弟を輩出されました。

14時~17時。お勤め・記念法話。本堂+Zoom配信、ご法要ですのでご志納をお供え下さい。
講師は島﨑暁民先生(金沢教区称佛寺住職・1930年生まれ・京大仏文卒・法藏館版『清澤満之全集』編集委員)です。本年94歳となられる先生には、石川県のご自坊からオンライン出講いただく予定です。どなたでも参詣いただけます。