• 教えに遇う
  • 了善寺について
  • お墓・葬儀・法事
  • 暁宇会
掲示板
掲示板

掲示板

死にきった人に生があり、佛に離れた人に佛がある(暁烏敏)

2022.08.01

1954(昭和29)年8月27日は、暁烏敏(あけがらす はや  暁烏敏 – Wikipedia )先生のご命日。清澤満之(きよざわ まんし・1863-1903)先生の直門中の直門であり、昭和26年財政が行き詰った真宗大谷派の宗務総長に就任し「念仏総長」とよばれた。盲目老躯の政治の素人が実質11か月で見事に黒字転換させ、念仏の声が聞こえる宗派に蘇生させた。娑婆に通じきっていた達人である。この言葉は、暁烏先生ご自身の自画像のように思う。「知りそうもなきものが知るぞ」と通じる、実に軽妙で深い響きがある。清涼な信仰告白である。南無阿弥陀仏

(『暁烏敏全集』20巻78頁)


※8月28日(日)14時〜17時「香草忌」が勤まります。後日詳報。 

一覧へ戻る

真宗大谷派 東本願寺

真宗大谷派(東本願寺)西恩寺

加賀福祉会

浄土真宗の法話案内

響流書房

ページの先頭へ